スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「わたし、気になります」





米澤穂信/集英社文庫


文庫版の「追想五断章」が発売されたのて買いました。
米澤穂信のノンシリーズの小説です。
ですがとりあえず先に「氷菓」を読もうと思っています。
最後に読んだのは確か5年くらい前か。
もうすぐアニメが始まるのでこの機会に読み直してみようかと。
よく10年以上も前の作品を漁ってくるな^^;
まさかの京都アニメーション制作ですね。
リトバスファンが怖いですね。


続きを読む

スポンサーサイト

しかしながら定価以上。




A. C. H. スミス/山田順子 訳/角川文庫


1982年公開(日本では83年)の映画「ダーククリスタル」のノベライズ本を
購入しました。
この映画、80年代のファンタジー映画ファンならばおそらくご存知でしょう。
知らない方も、世界で始めてアニマトロニクス技術を用いた映画と言えば
その凄さが伝わるかと思います。
ちなみに製作はヘンソン社というところなのですが、
セサミストリートやスターウォーズ旧シリーズのヨーダなどを手掛ける程で、
操り人形界でも大変重要な位置に存在しています。

映画のストーリー自体はざっくり言うと、
邪悪な一族がダーククリスタルの力を手に入れようとしており、
彼らに虐殺された種族の生き残りの少年と少女がそれを防ぐために旅をする、
というもの。

この映画は全編を通して人間の俳優は登場しておらず、
人形たちの生き生きとした動きで全てが表現されています。
(※正確には一部俳優が衣装をつけて演じている部分があるそうです。)
可愛いキャラクターや少々不気味なキャラクターが数多く存在し、
それぞれがとても魅力的な映画ですので、80年代のファンタジー映画が
好きな方は是非見て下さい。(特にキーラが可愛い)



で、このノベライズなのですが、翻訳版の出版は1983年。
自分が生まれる以前の作品なので当然書店に並んでいるはずもなく…。
古本屋を回る羽目になりました。
それでも結局見つかりませんでしたが( ´ー`)
店の方に訊ねたところ、最近はどこも翻訳本はあまり扱わないそうです。
ましてや文庫本で目当ての物を見つけるのは、かなり厳しいだろうとのこと。

確かに、普通の書店でも翻訳本のコーナーはかなり小さいですよね。
やはり国内作品に比べ出版の手間が多いのが原因なのでしょうか。
おかげでなかなか盛り上がらない様です。



仕方がないのでネット通販で中古本を購入しました。
普段書籍は実物を見て購入をするようにしているので抵抗があったのですが。

う~む、状態は案の定微妙(´・ω・`)

てか表紙はなぜこの場面にしたんだw
(最速の生き物ランドスライダーに乗るヒロインのキーラ)











古本屋で居合わせた老人客「ブック○フ?あんなもんはリサイクルショップだ!」

自分「あ、はい。僕もそう思います(ビビり)」


人間シリーズ カードホルダーが唐突にやってきた。

こきげんよう、ペリスケです。

先日、帰宅すると郵便受けに分厚い郵便物が入っていました。
通販をしたわけでもなく、心当たりが無かったので確認すると講談社の文字が。

そこで西尾維新の書籍、人間シリーズのプレゼント企画に応募していたのを
思い出しました。
応募したのは昨年の6月でした。
なのですっかり忘れていたのですが、まさか今頃になって…。潜伏期間長いよw
ちなみに抽選で10000名でした。
ネットで見てみると、当たったという人が多ようですね。
供給量はわりと合っていたのでしょうか?

驚いたものの素直に嬉しかったので早速開封。
賞品は人間シリーズに付属していたカードゲームもどきの専用カードホルダーです。
1冊目の人間試験にはカードが付属していません。
よってその分を除く合計36枚が収められます。



カードホルダー
(携帯で撮ってますが、古いので接写が苦手です。ごめんちゃい。)

うっひょーい外箱やべぇえええええええ!!!!
全面を使ったシリーズ登場キャラクターの集合絵です。
もちろんイラストレーターはお馴染みの竹さん。
メインキャラはもちろんのこと、名前も忘れているような人まで描いてありますw
作中のイラストにもカードにも描いておらず、初めてビジュアルを見たキャラも。
早蕨妹……か、可愛いじゃねぇか!www

キャラを確認していくと、どうやら居ない人が。
「居ない人」、ふん、そんなのどうでもいいことだ。

しかしこれ、背表紙すらギッシリとキャラの絵で埋まっています。
そのため文字等が無く、一見何だか分かりませんねw



・おまけ
以前書いた海の写真です。

海だぞー
プロフィール

ペリスケ

Author:ペリスケ
頭と腹と腰が痛い日々。
==============

ゆるりゆるりと自堕落生活中。



小説読むのと洋画観るのが
大好きです。

「ペリ」とか「おり」とか
「バリバリ」とか呼んでイイヨ!



※注意
このブログのポケモン紹介は
実用的でない場合がほとんどです。
真面目な育成論を期待してた方
さーせん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。